債務整理情報局 債務整理に関することを一つ一つ確認しよう

債務整理情報局 債務整理に関することを一つ一つ確認しようでは、債務整理に関する知識を集めて、提供をしています。

債務整理とは何?

債務整理の債務とは、お金を借りた側が貸した側に対して生じた支払い義務のこと、またその借金そのもののことをいいます。債務整理とは、多額の借金を背負った時や複数箇所からの借金(多重債務)に陥り、借金に苦しんで返済が難しくなった場合に、借金の額を減らすための法的な手続きのことです。こうした手続きをとることによって、大きな金利負担を軽減する、または帳消しにする(ゼロにする)することが可能になります。

多重債務とは債務者が消費者金融、クレジットカードなどの利用で、複数の業者からお金を借り、借金を繰り返し、借金が増えて返済が難しい状態のことをいい、そのような人を多重債務者といいます。債務整理の目的は、こうした多重債務者の負担を軽くし、債務者を再生させ、普通の日常生活に戻れるようにするための方法といえます。

債務整理の方法には4つの方法があります。1つめは「任意整理」の方法です。これはお金を借りた側(債務者)が和解案を提案し、お金を貸した側(債権者)と協議した上で返済額や返済期間を変更する方法です。2つめに「自己破産」の方法です。裁判所がお金を借りた本人に「支払能力がない、困難」と認めた場合に、債務をゼロにしてもらえる方法です。3つめの方法は「特定調停」といわれるものです。これは近年施行された新しい制度で、借金を減額したり支払期間を変更したりして返済の負担を軽減できる方法です。4つ目の方法は「民事再生」です。これは返済が困難なことを裁判所に認めてもらい、自己破産のように借金はゼロにはなりませんが、減額された借金を原則3年間かけて分割で返済していく方法です。また、これ以外にも、払いすぎた利息を返してもらう「過払い金返還請求」の方法もあります。

いずれの債務整理の方法も長所と短所がありますが、最近は、主婦の方の借金問題も深刻で、旦那に内緒の借金で苦しんでいる主婦が多いのも今の社会問題です。しかし債務整理をすれば、現在の借金の状態よりも改善、よくなる方法であることには間違いありません。